八ヶ岳オーガニック
有機栽培農場 野菜の里のホームページです。
八ヶ岳の自然や畑の情報発信、有機野菜の宅配のご案内をしています。

2022.1.23
オーガニックな日々を更新しました。
スーパーオギノの各店舗で販売中です。
今シーズンのオーガニック野菜セットはただいま冬休みです。 E-mail kseto@comlink.ne.jp
LinkIconおいしい野菜をどうぞ
ブログ版オーガニックな日々を発信中です。 LinkIconほぼ毎日、鮮度抜群

オーガニックな日々

冬の日々が過ぎていきます。二十四節気「大寒」が過ぎ季節は冬の寒さのまっただ中。昨日は猛烈な冷え込みになりました。今朝は少しだけ暖かくマイナス7℃。いや、これ暖かくないか。標高が高い八ヶ岳山麓は冬のきりりっとした寒さが特徴ですが、

畑・野菜・暮らしLinkIcon

野菜の宅配

「オーガニック野菜セット」はただいま冬休みです。今シーズンは5月から。

おいしい野菜LinkIcon

オーガニックレシピ

10月7日 
「秋の小松菜と油あげの煮びたし」
小松菜2~3本は根元を切り落として3㎝くらいの長さに切る。油揚げ1枚は細く切る。小松菜はさっと茹でて水にはなって 水気をきっておく。鍋に水150ml、かつお節少々、しょう油小さじ1、酒小さじ½を煮立て、小松菜

もっと美味しくLinkIcon

栽培方法

野菜の里は、有機JAS認証を取得しています。
でもそれだけではない、栽培への想いがあります。
輪作、間作、混作、緑肥、バンカープランツ、コンパニオンプランツ・・・。
おいしい野菜と畑の生き物たちのために、私たちにできることはまだまだあります。

心がけていることLinkIcon

おいしい野菜を食べたい

 きれいな野菜はいくらでもあります。安い野菜ならすぐ手にできます。
でも、おいしい野菜を食べるのはちょっとむずかしい。
 食卓と畑が遠くなっているいま、誰がどうやって作っているのか、なかなかわかりずらい。
食べるものだから安全なのは当たり前。というのは、ちょっと厳しくなってきました。

どうすればいいの?

 自分で作ってしまうのが一番確実? そうでもないんです。
虫も付けば、病気も出ます。水をやったり、肥料を足したり何かと大変。
 ミニトマトやパセリはなんとかなっても、大根やキャベツ、かぼちゃやさつまいもみたいなのは場所もとってちょっと。
 衰退産業といわれて久しい農業の世界で、まだまだがんばっているプロの農業者がいます。
 とりわけ、輪作という考え方に基づいていろんな野菜を作ることが基本の有機農業。
それは、実は豊かな食卓への意外な近道なんです。

というわけで、ここから

 まずは、まわりを見渡してみましょう。
お近くに畑があれば、生産者に声をかけてみる。有機の生産者を探す。有機農産物を扱っているスーパーマーケットはありませんか。スーパーや生協の担当の人に話してみましょう。「有機を扱う勇気をもってね。」と。
 お店で手に取ったら、値段のつぎでいいんです。「どうやって育てられたのかな?」そう問いかけてみてください。 
 そして、ワインやチーズを楽しむようにまず香りを、次に、口に広がるコクや甘さをじっくりと感じ取ってください。わかるはずです。野菜たちのいのちの力が。 
 今日から、すぐにできること。

野菜のご購入はこちらから

宅配便で届くおいしい野菜

野菜の里では、5月から12月まで旬の露地野菜をセットして発送しています。

詳しくはこちらLinkIcon

スーパーで買う

八ヶ岳オーガニックの野菜は、株式会社オギノの山梨・長野・静岡の店舗で販売しております。

詳しくはこちらLinkIcon

デパートで買う

高島屋新宿店、横浜店、柏店、日本橋店、玉川店の高島屋ファームで販売しております。(曜日限定です。)

詳しくはこちら